職場というのは様々な人が集まる場所ですから、人間関係の悩みも発生しやすいです。
できることなら気の合う人だけと絡みたいですが、そうはいかないのが辛いところですね。
今回は、職場の人間関係に悩まされている人に向けて、気持ちがラクになる考え方をご紹介します。

自分が変われば周りも変化する

人間関係の悩みのほとんどは、考えすぎて視野が狭くなっていることが原因です。
自分は間違っていない、周りがおかしいんだと考えてしまうと、見渡すところ敵ばかりという状況になるのです。
何十年もかけて培われた人格は、他人に指摘されたところで、大きく変化する可能性は低いでしょう。
ですから、周りの人を変えるのではなく、まず自分が変わることをお勧めします。
自分の行動をどう変えれば馴染みやすくなるのか、苦しいと感じずに済むのかを、じっくりと考えてみてください。
嫌なことを言う相手に対しても、対応ひとつ変えるだけで、自分自身の気分が落ち着くようになっていくのです。
そうやって態度や行動を改めていくと、いつの間にか、敵対していた相手とも程良い距離が掴めるようになります。

無理をして仲良くしようとしない

職場の人間と仲良くやっていくべきだと、いつ誰が決めたことなのでしょうか。
もちろん、喧嘩やトラブルばかりでは仕事が進まないので、仲が良いに越したことはありません。
ですが、自分の行動や意見を変えて近づいても、上手くいかない関係というのは存在します。
何をどうやっても上手くいかない関係に、固執する必要はありません。
無理をして仲良くするという考えをやめて、仕事上の付き合いだから合わせると割り切ってください。
何も職場の人間関係が人生のすべてというわけではないので、自分の心を守るため、時には冷静に割り切ることも大事です。

苦手な人には成長するためのヒントがある

いつも仲良しグループと絡み、同じような考え方の人に囲まれていると落ち着きます。
でも、反対意見が全くでない状況だと、偏った考えに捉われることもあるのです。
職場の人間関係で、苦手な人を目の前にすると、最低限のことだけ伝えて、さっさと退散したくなりますよね。
その気持ちは分かりますが、苦手な人の言動を観察すると、自分にはない能力をもっていたり、刺激的な考え方をもっているケースもあります。
弱点を突かれているようで、無意識に避けてしまうものですが、改めて考えると足りないものを教えてくれるヒントになるのです。
大人になっても精神的な成長は大事なので、すべてを否定するのではなく、何か1つでも正論があるのではないかと考えてみてください。

広い視野をもって自分の糧にしよう

毎日通う職場で、人間関係の悩みを抱えると、目の前が真っ暗になったような気分になりますね。
苦手な人の顔を見るだけで、もう会社を辞めたいとまで思う人もいるでしょう。
しかしそれは、自分の考え方だけにこだわって、周りの意見を聞けない状態でもあるのです。
意味のない人間関係などありませんから、苦手な人達を通して、今の自分に改善点がないかどうか探ってください。
広い視野をもって自分の糧にできた時、気持ちがラクになるのを感じるでしょう。

職場の人間関係を上手く行かせるコツとは?


職場の人間関係が上手く行っていると、毎日良い気分で職場に出勤する事が出来るので一人一人の仕事の能率も上がります。
また人間関係が上手く行っていると仕事でのチームワークも良くなり、より大きな成果が上がる事もあるでしょう。
しかし職場には色々な年代や考え方の人がいるので時には人間関係に悩む事もあります。
そんな悩みを持った時にぜひ参考にして欲しい、人間関係のコツをご紹介します。

いつも挨拶はこちらから

とても基本的な事ですが、よっぽど人間関係が悪化していない限り挨拶をされて嫌な人はいません。
もし関係が上手く行っていない場合にも、こちらから挨拶を続ける事で相手の態度が軟化してくる場合もあります。
先輩や上司はもちろん、後輩にもこちらから挨拶しましょう。
後輩も次第にあなたを尊敬して、自分からあなたに挨拶するようになるはずです。

誰かを褒める時はみんなの前で、問題点を指摘する時には二人きりで

後輩がとても良い仕事をした時にはみんなの前で褒めてあげましょう。
実力をみんなの前で評価して、自信と仕事への意欲を持ってもらう為です。
一方ミスをした時には二人だけの時に適切な態度で指導しましょう。
みんなの前で怒鳴り散らすような事はけしてしてはいけません。
あなたの人間性も疑われますし、職場全体の雰囲気が悪くなります。
時には先輩や上司に仕事の問題点を指摘しなければならない事もあるかもしれません。
こうした時にも二人だけの機会を選びましょう。
特に男性の先輩や上司の場合はメンツもあるので、けしてみんなの前でやり込めるような事をしてはいけません。

いつも感謝の気持ちを忘れない

仕事はチームでやる仕事でない場合でも、一人でやっているようで必ず職場の誰かの力を借りています。
その仕事を取って来てくれた営業の人がいるかもしれませんし、あなたに仕事を任せてくれた上司もいます。
コピーや資料を集めてくれた後輩がいるかもしれません。
そうした事をいつも忘れずに感謝の気持ちを持って行動しましょう。
すべて自分一人でやっているようなおごりを持つと、職場の人間関係は上手く行かなくなるものです。

職場の人間関係はすべてに通じる

ここにあげた人間関係のコツは職場だけでなく、社会のどんな場所でも通用する事ばかりです。
とは言っても忙しい時にはついつい忘れてしまいがちです。
どんなに忙しい時でも相手を思いやれる心の余裕を持ちましょう。
職場での人間関係は社会の縮図です。
年代や立場の違う人にも思いやりと感謝の気持ちを持って、良い人間関係を築いて行ってください。